東京五輪代表選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が15日、東京・明治神宮外苑発着の42・195キロのコースで行われ、福士加代子選手(37)=五所工高出、ワコール=が出場。古里・板柳町から町民らが駆け付け、沿道から大きな声援を送った。福士選手は7位で、残念ながら代表決定は持ち越しとなったが、古里の強力な応援を受け、懸命な走りを見せた。
【写真説明】板柳から応援団が訪れ、福士選手を応援した

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。