県将棋連盟(北畠悟会長)主催の将棋名人戦弘前対局記念イベントが14日、弘前文化センターで始まった。初日は弘前市出身のプロ棋士・行方尚史八段らを講師に迎え、入門~上級教室、指導対局会を開催。県内外から訪れた約50人は、プロ棋士らから将棋の楽しさや基本手筋、戦法の極意を教わった。
【写真説明】行方八段が参加者たちに詰みの基本手筋などを解説した中級教室

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。