近年、「フェード」と呼ばれる刈り上げを生かした欧米発の髪型が、理容店ならではの「バーバースタイル」として若者を中心に人気を集めている。津軽地方の若手理容師でつくる「津軽BARBER」は“バーバーブーム”の追い風を生かし、散髪などの実演と音楽ライブが融合したイベントを16日に弘前市で開催する。地元ではまだ根強い「昔ながらの理容店」のイメージを刷新し、地域活性化につなげようとしている。
 より多くの人にバーバースタイルを知ってもらうため、音楽やファッションの要素を絡めた新たなイベント「JAMBO」を16日午後3時から、同市の「Mag―Net(マグネット)」で開催する。
 前売り券(一般2000円、学生1000円、ドリンク代込み)の販売や問い合わせは弘前市のスリーオブヘアー(電話0172―80―9341)へ。
【写真説明】バーバースタイルの普及に向けたイベント「JAMBO」のポスターを手に、「津軽BARBER」のメンバーと共に来場を呼び掛ける岡本和也さん(中央)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。