県は12日、奥凱(オーケー)航空(中国)が3月から運休している青森―天津線について、10月28日に運航を再開すると発表した。新規就航する同社の札幌―天津線と組み合わせ、本県と北海道を周遊する旅行商品が中国旅行会社などにより造成される見通しで、本県の冬季観光振興が期待される。
 同社が12日に県に冬季運航スケジュール(10月27日~2020年3月28日)を通達した。再開後は月、木曜の週2便体制で、180人乗りまたは200人乗りの機体で運航する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。