弘前藩に仕えた忍者集団「早道之者」の活動拠点だったとされる、弘前市森町にある古民家「旧相馬家住宅」が取り壊しの危機にある。現所有者が高齢であり、維持管理が困難になってきたことから8月中旬に土地の売却を決定。買い手がつき次第、譲渡されるが、建物の保護や利活用を前提とした購入でない限り、この「忍者屋敷」は取り壊される可能性が高い。早道之者を研究している青森大学忍者部顧問の清川繁人薬学部教授は「現存する忍者屋敷は国内でもほとんど例がない。弘前の歴史の中でも大きな部分となるもので、ぜひ残してほしい」と話す。
【写真説明】取り壊しの可能性が高まっている旧相馬家住宅

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。