11日に発足した第4次安倍再改造内閣に対し、県内では「過去最悪」と言われる日韓関係の改善に向けた外交努力を求める声が目立った。このほか、10月の消費増税に伴う景気対策などを改めて求める声や、首相が強い意欲を示す憲法改正への懸念も聞かれた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。