「くろいしねぷた絵コンクール」の表彰式が7日、黒石市の松の湯交流館で行われた。審査の結果、最高賞のねぷた大賞には北陽小学校(黒石市)5年、三浦凌騎君のねぷた絵「龍神無双の図」が選ばれた。
 黒石ねぷたの愛好者で結成する「黒昇會」とNPO法人横町十文字まちそだて会が主催し、今年で3回目。
 小学生を対象とし、題材や画材は自由。今年は13校から29作品の応募があった。
 表彰式では黒昇會会長でねぷた絵師の今井秋行さんが受賞者に表彰状や記念品を手渡し、栄光をたたえた。
【写真説明】ねぷた大賞に選ばれた三浦君

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。