7日の県内は高気圧に覆われた影響で全域で気温が上昇。青森地方気象台によると、各地で最高気温が平年を5~7度ほど上回り、23観測地点のうち10地点で真夏日を記録する厳しい暑さに見舞われた。
 最高気温は五所川原市で32・9度、弘前市で32・8度、平川市碇ケ関で32・5度となり、いずれも2日連続の真夏日となった。
 同気象台によると、8日は台風が北上する影響で南方から暖かい風が入り込み、県内全域でさらに気温が上昇する見込み。
【写真説明】厳しい暑さの中、水遊びに興じる親子連れ=7日午後5時15ごろ、板柳町ふるさとセンター

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。