秋季県高校野球選手権大会地区予選が行われている最中だが、五所川原地区は正規の球場ではなく五所川原農林高校と五所川原工業高校が会場となっている。同地区はファウルボールの危険性を考慮して昨年から主会場の五所川原市営球場を使わず、春秋の地区予選は県営球場などを使ってきた。今回は会場の確保が難しく、移動負担を考慮して学校での開催という苦肉の策となったが、観客からは「盛り上がりに欠ける」「正規の球場で試合をさせてほしい」といった声が上がっている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。