弘前地区と南地方合同の中学校体育大会秋季大会水泳競技が6日、平川市の碇ケ関屋内温水プールゆうえい館で行われた。
 弘前地区は、男子1500メートル自由形で黒瀧巧翔(弘前南)が1年生ながら17分46秒30の好タイムで優勝。間山雄飛(弘大附属)は50メートル自由形などを制し、リレー種目を含めて5冠を達成した。女子では、浅利夕蘭(弘前三)が50メートル自由形と、背泳ぎの100メートルと200メートルを制した。
 南地方は、奈良岡志穂(平賀西)が女子200メートル個人メドレーと、自由形の50メートルと100メートルを制して3冠を獲得した。須藤月渚(田舎館)も100メートルバタフライ、背泳ぎの100メートルと200メートルの3種目で頂点に立った。
【写真説明】男子1500メートル自由形で大会記録に迫る17分46秒30で優勝した黒瀧巧翔(弘前南)=碇ケ関屋内温水プールゆうえい館

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。