6月25日に岩木山で行われた「岩木山1625大作戦」で開封されたタイムカプセル内部の埋設物が調査・復元作業を終え、6日から弘前市賀田の市岩木庁舎で展示される。メッセージ入りのゼッケンや豆絞りなど30年前の面影を残す品々が復元され、平成の始まりに新時代の安寧を願った市民らの思いを今に伝えている。展示は12月27日まで。
【写真説明】復元された埋設物を眺め、30年前に思いをはせる当時の関係者ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。