黒石養護学校の現場実習「黒養ワークトレーニング社」が2日、黒石市産業会館で始まった。同会館の一画に電気工事の部品を組み立てる模擬会社を設立し、高等部1年生らが社会での働き方を実践形式で学んでいる。
 実習は高等部2年で行う企業などでの実習を前に、働く力を身に付けてもらおうと毎年実施しているもので、周辺自治体の中学校特別支援教室の生徒も参加。今年は高等部1年生6人と中学生3人が働き方を学んでいる。
【写真説明】模擬会社で社会での働き方を学ぶ生徒

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。