陸奥新報社は2日、第39回陸奥新報社賞の顕彰式を弘前市のホテルニューキャッスルで行い、本県を代表する書家として書の普及と後進育成、地域の芸術文化振興に尽力してきた吉澤秀香(本名テツ)さん(87)=弘前市=の功績をたたえた。
【写真説明】顕彰盾を受け取る吉澤さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。