今年、生誕130周年を迎えた黒石市出身の詩人・歌人の丹羽洋岳(1889~1973年)の功績を残そうと、同市板留にある生家の丹羽旅館(現・あずまし屋)に記念コーナーが開設された。洋岳に関連する書籍や詩人石川啄木と交流したことを示す書簡などを展示している。観覧無料で、あずまし屋を経営しているツガルサイコー会長で洋岳の孫に当たる福士収蔵さんは「丹羽洋岳について知ってもらうきっかけになれば」と話した。
【写真説明】あずまし屋に設けられた丹羽洋岳の展示コーナー

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。