弘前市の岩木山総合公園で合宿している東洋大学ボクシング部の三浦数馬監督(同市出身、弘前実業高出)と、来年の東京五輪出場が有力視される堤駿斗選手(2年)が2日、市役所に櫻田宏市長らを表敬訪問した。堤選手は「五輪で金メダルを取れるよう足腰を強化したい」と意欲を語った。
【写真説明】櫻田市長(右端)と鎌田雅人副市長(左端)を表敬した東洋大ボクシング部の三浦監督(左から2人目)と堤選手

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。