第12回福井資明九段追悼将棋大会(陸奥新報社主催、日本将棋連盟城下町弘前支部主管)が1日、陸奥新報社6階ホールで開かれた。県内外の68人が白熱した戦いを繰り広げた結果、Aクラス(無差別)は成田豊文四段(26)=青森市=が8年ぶり2度目の栄冠に輝き、Bクラス(三段以下)は工藤一徳二段(43)=弘前市=が制し三段位免状を獲得。Cクラス(無段者の部)は岩谷丈1級(沖館小4年)=青森市=、Dクラス(小学生または高校生以下の初心者)は高橋駿介さん(弘大附属中2年)=弘前市=が、それぞれ優勝した。
【写真説明】県内外の将棋愛好家が熱戦を繰り広げた第12回福井資明九段追悼将棋大会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。