小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトマネジャーを務めたJAXA宇宙科学研究所シニアフェローの川口淳一郎さん(弘前市出身)らによる「宇宙学校ひろさき」が31日、弘前市内で開かれた。小学3年~中学3年の児童生徒と保護者ら約90人が参加し、宇宙の謎に迫るとともに、将来への夢を膨らませた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。