第50回弘前市民文化祭の開会式が31日、弘前市民会館で行われた。12月まで28団体(先行実施団体を含む)が美術や文芸、音楽などさまざまな活動の成果を披露する。
 開会式は来場者による「弘前市民の歌」の合唱で幕開け。伴奏は弘前学院聖愛中学高等学校吹奏楽部が務めた。その後、総合プログラムの表紙デザインに採用された最優秀賞の釜萢ひとみさん(同市)をはじめ、優秀賞2人、佳作4人に文化祭実行委員会の阿部精一会長が賞状を手渡した。
【写真説明】総合プログラム表紙デザイン最優秀賞に輝いた釜萢さん(左)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。