弘前市は29日、建て替えられた青葉団地市営住宅A棟(同市南大町2丁目)が、当初の設計図面から約1・5メートルずれた位置に建てられたことを明らかにした。A棟は事業者が床の遮音性能などの基準を満たさず設計し、市が追加工事に要した損害賠償を求める調停を申し立てているなど不備が相次いでおり、市は28日付で当時の担当職員ら5人を減給などの懲戒処分とした。
【写真説明】手続きや業務の進め方で不備が相次いだ青葉団地市営住宅

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。