県「攻めの農林水産業」推進本部は28日に臨時農業生産情報を出し、2019年産水稲の刈り取り適期予測を発表した。出穂期が平年より2日ほど早く、その後も津軽地域を中心に高温傾向となったことから、津軽は9月13~24日ごろ、県南は16~28日ごろと予想。生育の早い水田ではさらに5日ほど早まる可能性もあり、県は適期内の収穫を呼び掛けている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。