持続可能な開発目標(SDGs)について知ってもらおうと、県主催の「よくわかる!SDGsキックオフセミナー」が28日、青森市で開かれ、参加者が講演や先進事例発表に熱心に耳を傾けた。先着150人の会場はほぼ満席となり、関心の高さがうかがわれた。
 SDGsは2015年の国連サミットで採択された国際目標。気候変動や格差などの課題解決を目指し、持続可能な世界を実現するため、17のゴール(目標)や169のターゲットから構成される。日本は総理を本部長とする「SDGs推進本部」を設置、県も県基本計画にSDGsの理念を踏まえた施策展開を位置付けている。
【写真説明】世界の問題解決の有効な手段としてエシカル消費について語った講師の末吉里花さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。