東京・巣鴨にシングルマザー向けの女性専用シェアハウス「NICORI HOUSE(ニコリハウス)」が開所した。オーナーは弘前市出身の野上有香さん(34)。自身もひとり親で3人の子どもを育てる中、家事や子守などを他世帯と共有することで負担を分け、共助する生活スタイルを提案する。イベントスペースや地域の憩いの拠点としても活用し、子どもの成長を地域で見守る場になればと展望する。
 多くのひとり親はフルタイム勤務をしつつ育児と家事をこなす中、シェアハウスでの暮らしで「頑張るしかないシングルマザーだが、現状は頑張りすぎ。お母さんを楽にさせることが子育てに一番いい」との考えに至った野上さん。勤務先などを介して偶然出会ったシェアハウスの運営者からオーナーとして物件を管理する話を持ち掛けられ、同じ境遇の家庭を受け入れる場をつくろうと一念発起し、今月から入居者を募集した。
【写真説明】「ひとり親の子育ては大変。でも今よりもっと楽していいはず」と話す野上有香さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。