弘前市御幸町の弘前厚生学院(鳴海春輝学院長)は25日、2020年春のリニューアルオープンに向けた保存修理工事が大詰めを迎えている国重要文化財「旧弘前偕行社」(弘前厚生学院記念館)の見学会を開いた。建物全体を覆う仮囲いが取り外されてからは初の見学会となり、参加した市民らは復元された外観などをじっくりと見て回った。
 同学院の大森寛事務局長によると、保存修理工事はほぼ終わっており、今後は建物に併設する管理棟の建設工事を経て20年4月1日にリニューアルオープンする予定。
【写真説明】復元された外観などを見て回る市民ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。