家族や友人らとバーベキューをする津軽の「にぐ文化」。特に平川市民に愛されているブタやウシのサガリ(横隔膜)のおいしさを広めて誘客と地域活性化を図ろうと、有志による団体「平川サガリ研究会」が29日に発足する。24日は市内で設立宣言を行い、会員はウシとブタのサガリを食べ比べながら、普及への意識を高めた。
 研究会は31日、9月1日に市内で開催する「ひらかわフェスタ」や同21、22日の「あおもり10市大祭典inつがる」などのイベントに出店する予定。
【写真説明】サガリを普及する「平川サガリ研究会」の発足が宣言され、ウシやブタのサガリを食べ比べるなどした会員ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。