障害の種類や有無にかかわらず交流できる場所をつくろうと、弘前市の今泉和希(わき)さん(29)が任意団体「ロバみみ」を4月に立ち上げた。同団体は月に1回、バーベキューやお茶を楽しみながら談笑する「茶話会」などで交流を深めている。
 団体には10~60代の身体障害者や知的障害者、発達障害者、健常者ら約30人が所属・参加している。活動は月1回で、これまでにバーベキューや茶話会を行った。5月に行ったバーベキューにはさまざまな障害のある約20人が参加し、歌ったり、食事をしたりして楽しんだ。
 今月の茶話会は25日午後2~4時に同市障害者生活支援センターで開き、「家族」をテーマにグループワークを行う予定。当日参加を受け付けており、参加費は200円。
 申し込み、問い合わせは同団体のフェイスブックやインスタグラムから。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。