清水観音として親しまれる弘前市桜庭の多賀神社で17日、清水大祭が開かれた。子(ね)年生まれの守り本尊「一代様」を祭る同神社では、一代様にちなんだネズミメークを参加者に施したり、奉納相撲になぞらえた「ねまり相撲」をしたりと、子どもから大人までが地域の夏祭りを満喫した。
【写真説明】一生懸命にねまり相撲をする子どもたちの姿に、周囲も笑顔で応援

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。