黒石市大川原地区を流れる中野川で16日夜、600年以上続くとされる「大川原の火流し」が行われた。舟子と呼ばれる男衆が帆柱に火を付けた舟を引いて川の中を歩き、地区の安全を祈願。帆柱の燃え方で占う来年の米の豊凶は「豊作」だった。
 今年は中学生を含む20人の舟子が集まり、小雨が降る中、高さ約3メートルの帆柱に火を付け、帆柱を水に漬けないよう懸命に支えながら約400メートルを引き進めた。無事に岸まで舟を運ぶと、舟子たちは達成感に満ちた表情で酒を酌み交わし互いをたたえ合った。
【写真説明】川に漬かり、懸命に舟を引く舟子たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。