大型の台風10号は15日、四国西部沿岸を北上して午前11時すぎに愛媛県・佐田岬半島付近を通過した後、午後3時ごろに広島県呉市付近に上陸して中国地方を縦断した。西・東日本は大荒れとなり、気象庁は大雨による土砂災害や河川の増水、暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。
 青森地方気象台によると、台風10号は16日午後3時ごろから深夜にかけて本県に最接近するとみられ、津軽地方では16日午後から徐々に雨風が強まり、1時間当たり40ミリの激しい雨や強い風が吹き荒れる見通し。同気象台は15日、「暗くなる前に早めの備えを」と、高波や低い土地の浸水などへの警戒を呼び掛けた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。