介護現場の負担軽減に向け、高齢者施設で介護ロボットの導入が進められている。ロボットと聞くと人型やペット型のものをイメージしがちだが、ほかにも、見守りや、ベッド・車いすからの移動支援、排せつ支援などのロボットもあり、その種類は幅広く年々機能も進化している。県内では、人手不足も背景に見守りタイプを筆頭に活用が広がっている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。