五輪選手の治療にも携わったトレーナーが鍼灸(しんきゅう)とスポーツマッサージを提供する「Revive(リヴァイブ)」が弘前市高田2丁目にオープンした。日本スケート連盟やソチ五輪で公式トレーナーを務めた佐藤洋大院長(33)がUターンして開業。スポーツ選手のケアについての豊富な経験を生かし「多くの人に施術を体感してほしい」としている。
 同院では鍼灸とマッサージ、ストレッチ、運動療法、体幹トレーニングなどを組み合わせ、アスリートに向けた治療を提供する。佐藤院長はスポーツ選手やアーティスト、劇団員といった肉体を資本に第一線で活動するプロを長年にわたり施術。アスリートに限らず、介護職や農家、建築作業の従事者ら、仕事で体を駆使する人のケアにも力を発揮したいと考えている。
 相談や予約は同院(電話0172―55―8335)へ。
【写真説明】落ち着いた雰囲気の院内。「スポーツ選手や体を酷使する職業の人に来てもらいたい」と佐藤院長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。