中泊町の鳥谷川沿いの町道約1キロにわたり、今年も約2万本のヒマワリが見事に咲き誇っており、町民らを楽しませている。
 水土里ネット十三湖が2007年から毎年植え付けている。ここ2年ほどは夏前の天候不順で全体的に背丈が低かったが、今年は好天が続いたこともあってぐんぐん伸びたヒマワリが太陽に負けないくらいの黄金の輝きを放っている。
 13日に家族で訪れ、記念撮影した同町の白崎咲琴ちゃん(5)は「お花がとても大きくてきれいだった」と笑顔を見せていた。水土里ネット十三湖は「あと1週間ぐらいは十分楽しめると思う。大輪のヒマワリから元気をもらってくれればうれしい」と話している。
【写真説明】大輪の花が咲き誇る鳥谷川沿いのヒマワリ