本県移住に関心がある県外在住者が、民間事業所で割引などの特典を受けられる県の無料会員制度「あおもり移住倶楽部」。開始から1年が経過し、会員数は順調に増加しているが、サービスを提供する事業所数は伸び悩んでいる。県は会員登録だけでなく事業者側にも協力を呼び掛けており、特に宿泊、引っ越しなど移住の準備に直接関わる業種の増加に注力し、制度の充実を図る。
 制度は昨年8月1日に開始。県地域活力振興課によると、今月1日までの会員登録数は126人で目標の80人を達成した。特典を利用した本県移住も相次いでおり、会員からは引っ越し割引が多く使われているという。
 会員は協賛の事業所に会員証を提示すると割引や特典が受けられ、会員証の有効期間は交付日から3年間。期間内なら移住後も利用可能。登録は会員、協賛事業者とも特設サイトから。問い合わせは同課移住・交流推進グループ(電話017―734―9174)へ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。