全国高校総合体育大会(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」は第11日の6日、鹿児島、熊本、宮崎、沖縄の4県で6競技が行われた。
 剣道女子団体は東奥義塾が初めての決勝に臨み、準優勝に輝いた。
 陸上は女子円盤投げで県勢2人が予選を突破。菊池聖奈(田名部)が自己ベストを更新し準優勝に輝いた。新体操は男子個人で田中涼介(青森山田)が4位入賞。
 テニスは県勢で唯一女子シングルスの横山琳咲(弘前)が初戦を突破するも2回戦で敗退。登山は八戸が男女ともに30位台で終わった。
 第12日の7日は鹿児島、熊本、宮崎、沖縄の4県で6競技が行われる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。