今夏2回目の岩木川水系渇水情報連絡会が5日、青森市の青森河川国道事務所で開かれ、岩木川本川からの農業用水向けの取水を約2割減らす方向で調整することを申し合わせた。今夏は少雨が続き、このままでは8月中旬に津軽ダムの利水容量が底を突く見込み。取水量の調整は利水者側と協議して順次進め、遅くとも8日までに実施したい考えだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。