弘前ねぷた、大阪へ―。弘前ねぷたまつりの参加団体「Hissatsuねぷた人」は、弘前藩に伝わる豊臣秀吉の木像「木造豊太閤坐像(もくぞうほうたいこうざぞう)」を題材にした大型組みねぷた「時鳥為余無為世鳴(ホトトギス、余の為(ため)に無く世の為に鳴け)」で出陣している。同団体と関西圏の芸術家との交流が端緒となり9月末、大阪市で開催される「大阪ねぷた祭り」への出陣に合わせたもの。弘前と大阪を結ぶ歴史的背景から生まれた新時代の交流、その象徴が3日、城下町を堂々と練り歩いた。
【写真説明】木造豊太閤坐像をモチーフにした大型組みねぷた「時鳥為余無為世鳴

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。