「第70回記念五所川原花火大会 水と光と音の祭典」が3日、五所川原市の岩木川河川敷(北斗グラウンド)で開かれ、色鮮やかな5000発の打ち上げ花火が奥津軽の夜空を焦がした。
【写真説明】5000発の大輪が奥津軽の夜空を焦がした五所川原花火大会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。