こぎん刺しの次世代への継承や基盤の発展を試みるイベント「こぎんの学校2019」が9月1日午前10時から、弘前市民会館で開かれる。講師は、こぎん刺しの再興に向けて活動した工藤得子さん(故人)の教え子・福田カヨ子さん(青森市)と、こぎん刺しのウェブマガジン「こぎんバンク」の石井勝恵編集長(弘前市出身)。こぎん刺しの講師を引退して久しい福田さんの技術などに触れられる貴重な機会となる。
 定員80人(先着順)。授業料は4000円。申し込みは同社(電話080―1675―3753、メールtugarukoubousya@yahoo.co.jp)へ。
【写真説明】「こぎんの学校2019」のチラシ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。