弘前ねぷたまつりは2日、審査合同運行を終え結果を発表した。大型本賞の最高賞である県知事賞は、扇で茂森新町ねぷた同好会が3年連続、組は西地区ねぷた親交会が10年連続受賞を果たした。小型本賞では、弘前銀座街協会が弘前市長賞に輝いたほか、「桜ミク」ねぷた前燈籠(どうろう)コンテストでは桜ケ丘ねぷた愛好会がグランプリを受賞した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。