第74回市町村対抗県民体育大会は最終日の28日、15競技を行い閉幕した。総合成績は市の部で弘前が2大会ぶりに優勝し、町村の部では鶴田が14連覇を果たした。
 弘前はソフトテニス、相撲、銃剣道、ソフトボール男子、バレーボール男子、柔道などで優勝。鶴田はテニス、ボウリングの団体と個人、柔道を制した。
 最終日は陸上市の部女子A走り幅跳びで高山綾花(弘前)が5メートル36の大会新をマーク。弓道市の部では平川が3連覇、バドミントン町村の部は藤崎が9連覇を達成。バスケットボール町村の部は男子が鯵ケ沢、女子は田舎館がそれぞれ栄冠を手にした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。