第34回白神杯鯵ケ沢トライアスロン大会が28日、鯵ケ沢町のはまなす公園を起点に開かれ、県内外から出場した選手230人が気温30度前後の暑さの中、水泳と自転車、マラソンの鉄人レースに挑んだ。その結果、総合の部で野田頭優作さん(神奈川県)が2連覇を果たした。
 大会は実行委員会主催、県トライアスロン協会共催、鯵ケ沢町と同町教委、陸奥新報社などが後援。「第74回国体(いきき茨城ゆめ国体2019)」県代表選手選考大会を兼ね、第16回ジュニア大会も併せて開催した。
 選手たちは午前8時30分に一斉にスタート。水泳1・5キロ、自転車40キロ、マラソン10キロというコースを進み、汗だくになりながらゴールを目指した。
【写真説明】一斉にスタートする選手たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。