2019年第1回の白神酵母研究会(櫛引利貞会長)が25日、弘前市の土手町コミュニティパークで開かれた。弘前大学が白神山地から採取・分離した「白神酵母」の研究報告や、酵母を活用した酒類の試飲会が行われ、関係者がさらなる発展の可能性を探った。
 試飲会では「純米酒じょっぱり白神酵母No.9仕込み2019新酒」(六花酒造)、「純米酒山助2019新酒」(白神酒造)、「kimoriシードルグリーン」(弘前シードル工房kimori)の3品が出され、出席者が味わいや香りを確かめながら意見を交わした。
【写真説明】白神酵母の活用発展の可能性を探った研究会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。