弘前大学発のベンチャー企業「ルビー・ディー」(水木正朝社長)は、果肉が赤いリンゴ「紅の夢」のエキスを配合した「Ruby D」シャンプーとコンディショナーを開発した。髪に悩む女性をターゲットに、リンゴや甘草、ガゴメ昆布の天然有効成分を配合し頭皮や頭髪環境を整えるという。
 同商品は8月2日から、弘前市土手町のエステサロン「ラポム」で販売される。内容量は各300ミリリットルで、価格は各2500円(税別)。
【写真説明】紅の夢由来のリンゴエキスなどを配合し、女性の頭皮・頭髪環境の改善に着目したシャンプーとリンス

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。