障害者と健常者が将棋を通じて交流を深める「第35回金浜王将戦」が14日、青森市の障害者支援施設「金浜療護園」で開かれた。県内外から訪れた110人が熱戦を繰り広げたほか、審判長を務めた山本博志四段と特別ゲストの森内俊之九段(ともにプロ棋士)の指導対局を受けるなどして楽しんだ。
【写真説明】森内九段(右手前)らプロ棋士による指導対局を受ける参加者たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。