信号機のない横断歩道で、車が歩行者を優先する本県での割合が全国的に低いことを受け、弘前市の櫻田宏市長は10日、市独自に「歩行者にやさしいまち宣言」を行い、歩行者優先を周知するマグネットシートを公用車に張るなどして、歩行者優先の機運を高める考えを示した。
【写真説明】23日から弘前市の公用車に張られるマグネットシートのデザイン

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。