弘南鉄道(本社平川市、船越弘造社長)は5日、夏季恒例の「納涼ビール列車」の運行を開始した。初日は約90人が参加し“走るビアホール”の旅を満喫した。
 参加者は乗車するなり仲間同士で乾杯し、渇いた喉を潤した。
 同社によると、運行日の12、19、26日のうち、19、26日は満席状態。12日はわずかに空席があるという。
【写真説明】冷えた生ビールで乾杯する参加者ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。