性的少数者への理解を呼び掛ける「青森レインボーパレード2019」が30日、青森市内で実施された。3人の参加者から出発し、6回目となった今回は最多の208人が参加。多様性を象徴するレインボーカラーを当事者や支援者が掲げて笑顔で歩き、自分らしくいられる社会の実現を訴えた。
【写真説明】レインボーカラーを身にまとって青森市の中心街を歩く参加者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。