東北社会人サッカーリーグ1部のブランデュー弘前FCは23日、弘前市運動公園球技場で第6節に臨み、2位FCガンジュ岩手(岩手)と2―2で引き分けた。今季通算3勝2分け、勝ち点11で3位。試合消化数が一つ多い首位いわきFC(福島)との勝ち点差は5。
 前半は互いに決定機をものにできず折り返した。先手を取ったのはブランデュー。後半12分、MF眞口幸太の左からのクロスにDF宮下航輔が頭で合わせて先制した。
 同32分、相手PKをGK尾関良繁が防ぐも、こぼれ球を押し込まれる。直後にコーナーキックからDF川崎達也のヘディングシュートで勝ち越し、そのまま逃げ切りを図ったブランデューだったが、ロスタイムに痛恨のPK献上。これを決められ、白星を取りこぼした。
 次節は30日、岩手県の花巻市スポーツキャンプむらで富士クラブ2003(岩手)と戦う。
【写真説明】ブランデューは後半12分、宮下航輔選手(右)のヘディングシュートで先制点を挙げる=弘前市運動公園球技場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。