弘前市のギャラリーAが主催する「絵画掘り出し市」が23日、平川市猿賀の四季の蔵もてなしロマン館で始まった。会場には絵画や掛け軸など約1000点がずらりと並び、価格も2割から9割引きとお買い得なだけあって、初日から古美術や絵画の愛好家が訪れては、名作の数々をじっくりと品定めしていた。29日まで。
 また1000円、3000円、5000円など、お得な価格のコーナーも設けており、買い求めやすい作品も多数取りそろえている。時間は午前10時~午後4時。
【写真説明】有名作家の作品が多数並ぶ絵画掘り出し市

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。