台湾の急須専門作家が五所川原市の津軽金山焼で作陶した台湾茶器の展示会「台湾茶陶展」が23日まで同窯で開かれている。日本茶器よりも小ぶりなサイズである台湾茶器の特徴と金山焼独特の風合いが融合した急須や茶杯など約60点を展示。会期中の土日は台湾茶の無料振る舞いも行われ、5種の台湾茶を味わうことができる。
 台湾茶の無料振る舞いは15日、16日、22日が午前10時~正午、最終日の23日が午後2~4時。問い合わせは津軽金山焼(電話0173―29―2447)へ。
【写真説明】金山の土で作った台湾茶器が並ぶ会場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。