文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けている弘前南高校(白戸爾校長)で11日、科学講演会が開かれた。講師を務めた千葉工業大学未来ロボット技術研究センターの古田貴之所長は、ロボットが日常生活にますます貢献し、社会を大きく変えていくと展望を語った。
【写真説明】生徒を前に熱弁を振るう古田所長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。